EOS R7を千歳航空祭でテスト!-その2-APS対決キャノンVS.ニコン

カメラ

キャノンの最新APSミラーレスEOS R7を

千歳航空祭で実際に使用してみた雑記です。

今まで(何十年)ニコンをメインに使ってきた私が

時代の流れによって、ミラーレス機に移行する為

さんざん悩んだ結果選んだのがR7なんですが

別にニコンが憎い訳ではなく(と言ってもNikon1に踊らされた(-_-;)

ニコンのミラーレス”Z”シリーズに相性のいい機種が見つからず

フォーカスエリア番長のニコンD500からR7に切り替えた訳なんですが

スポンサーリンク

キャノンとニコンの拘りの違いに

実は、ニコンを使う何十年か前には、私はキャノン党でした(告白)

高校生の分際でいきなりの高級機”キャノンF-1”を買ってしまいました…

でも、皮肉な事に、高校クラスでも、”ニコン”が幅をきかせていた時代

F、F2シリーズはじめ、ニコマートEL,FTn等同級生の殆どが”ニコン”

当然、マウントが異なる為レンズの貸し借りも現実的に不可能

孤立した感じでした(トホホ)

カメラの貸し借りはできたのですが

意外と戸惑ったのが操作感が全く違う事

つまり、ニコンVS.キヤノンそれぞれのメーカーの拘りが

ネックになりました。

それは…

操作方法が全く異なる(逆向きもアリ)

その時代は当然フォーカスはマニュアル

そのヘリコイドの回転方向がキャノンとニコンでは

全く逆方向なんです!

そんな”拘り”が、今も脈々と受け継がれているのです。

それは、ズーミング方向についても同じ、

つまりR7を使って、つい拡大するつもりが縮小に…

咄嗟の時に焦ってしまいます…

それに、どうやら個体差でもない様ですが

回転リングの重さが

ニコンはどちらかと言うと”軽く”

キャノンは昔から”重い”

当時はキャノンはグリスを使っているという噂も…

100-400mmも何か全体に”重い”というか”固い”感じ

まあ、そうは言ってもニコンの200-500も昔程”軽く”はなかった

次に露出方法の表示が

ニコンは”S”シャッター優先、”A”絞り優先

キャノンは”Tv”シャッター(タイム)優先、”Av”絞り優先

その他の表示方法も微妙に違います…

これは”慣れる”しかないか…

マウントにもこだわりが

マウント(径を含めて)異なるのは必然なのですが

ボデイーマウントキャップがニコン”F”は上下関係なくハマるのですが

キャノン”R”は、上(マークがありますが)は上とじゃないとハマらない!

意外とマゴつくんですよね~

(タイトルでニコンのキャップが正規の位置ではないのは楽)

まあ、電子接点の関係?で仕方ないんですが、

そうそう、昔のキャノン”FD”はボデイ側はネジなしのキャップでした。

バッグ等に入れておくと、いつのまにか外れてたりして、

そんな事を思い出してしまいました。

正直、キャノン”FD”のスピゴットマウントは

ボデイに出っ張りはあるし、レンズ側はリングで締め付けるタイプ

友達にいじらせると、絞りと思って、つい”リング”を廻しちゃって

ロックがなかったんで、焦った思い出もあります。

New FDになって、レンズ側にロックボタンが付いて解消はしたんですが…

そんな拘りに左右されていた日々を思い出しています。

今回もここまでに

そんな”ニコン”と”キャノン”の操作感の拘りに

千歳でアタフタする私、って

そうこうする内に次のフライトが…

この続きは-その3-に…

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました