関東圏で551蓬莱が食べたいとき~おススメな方法5選+を紹介

中華

関西人ならほとんどが好きと言われる551なんば蓬莱の豚まん!

一度食べたら、又食べたくなるのは、関東圏の人も同じですよね。 

でも、551蓬莱のポリシーとして、手作りにこだわれる範囲、関西圏にしか通常営業店舗を展開していません(-_-;)

食べられないと余計に食べたくなるのが世の常、人の常

どうにかして、関東圏の人が食べたいと思ったら?

スポンサーリンク

オンラインショップ

551蓬莱では、ずいぶんと前から、通販(オンラインショップ)をやっていますから、こちらを利用するのが一番手っ取り早いですが、難点として

1.食べたい時と、到着日にタイムラグがある

  結構豚まんって、”食べたいっ”て思った時が一番欲する時なんで…

2.まとまった数量を購入しなければならない

  豚まん1個(通常1個食べて終わりませんが)では買えないし、チルド便なので、送料がバカになりませんので

  つい大人買いしてしまい、冷蔵庫に収納するのが大変だし、冷蔵するのも風味が心配ですから…

でも、時折、”送料一律セール”がありますので、需要(欲望)と供給の時期が合えばおススメではあります。

でも、やはり出来立てを食べたいとなると

催事情報をチェックする

ホントにたま~に近くの百貨店(なくなりつつあります)に551蓬莱が来たら、逃さずに行ってみる!

551蓬莱のホームページには全国の催事情報が載っていますので、必ずチェックしておきましょう。

でも、大体、開店と同時に催事場へ駆けあがっても、30分以上待ちは必至!ですので、ついまとめ買いしてしまいます…

でも、なかなか近所に”食べたいとき~”に来てくれませんが

蓬莱本店の豚まん

ルーツが同じと言われる”蓬莱本館”の豚まんは、成城石井や高級スーパー等でチルドですが、買う事が出来ます。

好みにもよりますが、生地が551~のキュっと絞った手包み感はないですが、味は流石に近いです。

スーパーのプレミアム肉まん

関東圏ではお馴染みのスーパー”LIFE”のプレミアム肉まんは、生地の味が、どことなく蓬莱系と似ていますので、

緊急時(何の?)に欲望を満たしたい時にはおススメです。

残念ながら、皮は、普通の肉まんですので悪しからず。

551創業者の孫監修の店

この原稿を書いている時点では、まだ開店していませんが,2021年11月25日に”東京豚饅”と言う551の創業者の孫が手掛ける豚まん専門店が東京・恵比寿に出店するそうです。

”あの豚まんの味が東京でも味わえる”といううたい文句なので、期待度大ではあります!

やはり王道は…

なんだかんだ言っても、食べたくなった時に、出来立てを食べるのが王道、という方は、

やっぱり直接行ってしまうというのもアリかも

ヒコーキファンなら、JALのA350が羽田ー伊丹間に就航した記念に乗ってみるのも手でしょう!

因みに、JAL/ANA共に6:30から7:00台から各1時間おきに出発していますし、飛行時間片道1時間10分なので

行ってー食べてー帰る のも、日帰り、いや、半日でも可能かと

因みに、JALの羽田発A350就航便は107便 08:30発か 119便 13:30発で、時折787-8枠でA350になる可能性が

あるのが、103便07:25発、125便15:00発辺りでしょう。 A350運航では133便18:00発もありますが、帰りがキツイですから。

片やANA、こちらは787と767が主力なのはJALと同じですが、787には時折787-9で運航する場合もあるので

機種に拘りのある方は是非(JALの787は基本-8のみですから)

551蓬莱には伊丹空港内に売店がありますが注意しなければならないのは

1.レストランではないので、アツアツを買っても、食べる場所に苦労する。

  伊丹空港内のラウンジは基本持ち込み不可ですし、以前は屋上の展望デッキで食べましたが、

  今はコロナの影響のありはばかられるかも

2.開店時間が短縮されている

  やはりコロナの影響で、以前は06:30からチルドの販売がありましたが、今は09:00-21:00の営業時間

3.意外と並ぶ

  大阪ではどこでも買える印象の551蓬莱ですが、伊丹空港店では、意外と並ぶ事もしばしば

  半日帰りの人は特に余裕をもって買う事をおススメします。

おわりに

ついつい551蓬莱の豚まん愛で書いてしまいましたが、皆さんもこの情報をアップデートしてご活用ください!

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました