羽田イノベーションシテイから”翔んでイスタンブール”トルコ航空就航

飛行機の話

羽田空港の国際線拡充は、コロナの影響で、新規就航予定だった航空会社も就航延期や、会社そのものの存続が危うくなって、未だ回復の動きが見えていませんが、そんな中、トルコ航空が、羽田への新規就航を開始しました!(成田から羽田への移管)

スポンサーリンク

トルコってどんな国?

トルコと言っても、すぐには、ピンと来ない方も多いと思いますが、アジアとヨーロッパに接する、両方の文化の交差点であり、両方の魅力を併せ持った国と言われています。

かなり前ですが、”飛んでイスタンブール”って曲が流行ったりしましたけど、トルコの首都はアンカラ、イスタンブールは最大の都市なんですね。

蛇足ながら、ミャンマーの首都はヤンゴン、ではなく、ネピドーですね。

ともあれ、トルコは、昔から親日の国と言われています。約130年前のトルコの船が遭難した時に、日本が助けてくれたという事がきっかけなんですね。

未だに、その時の事を覚えていてくれるのは、こんな世知辛い世の中、ありがたい事です。

トルコ航空羽田に就航

そんな親日の国の航空会社だからなのか、早々と羽田にやって来ました!

週に2便ですが、羽田には、火曜と土曜の夜に到着しています。

到着時間は微妙…

到着定刻は19:25 今は夏で日没時間が遅くはなっていますが、ちょっと微妙な時間です。(8月11日の日没時間は18:35)

でも、今は、航空需要が少なくなっている為か、少し早く到着する事が多かったりします。

因みに、本日(11日)の到着時間は18:07でした。

今のところ、到着スポットはT3(旧国際線ターミナル)ですが、西側に到着する事が多いので、羽田イノベーションシテイからの撮影がぴったりです!

そして羽田を出発する時間は22:50!クリアに撮るのはなかなか難しいですね。

又、日が短くなる冬場は、到着時さえ難しい撮影環境となりますので、見られるのは、今が旬!かも。

使用機材は、ボーイング787-9、本来であれば、3月成田から羽田に移行して就航する予定だった機材は777-300ERだった様ですが、今では、若干オーバーキャパシテイーですね。

今後も徐々にですが、他の国の航空会社も新規就航、運航休止解除等で、賑やかになってくれる事をヒコーキファンとしては待ち望んでいます。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました