EOS R7を千歳航空祭でテスト!-その3- ミラーレス VS. 機動飛行

カメラ

何とかオープニングフライトである

F-15の大編隊飛行を撮る事ができました。

これも、R7と100-400mmが軽量で

取り回しがしやすかった為、

シャトルバスに並ぶ人混みの中でも

何とかモノにする事ができたのです。

次は…

スポンサーリンク

政府専用機は居なかった

救難隊による救難飛行

こちらは流石にメイン会場が中心の為

今いる大型機展示場からは、

UH-60は姿さえ見られず、U-125Aも

遠巻きに旋回しているので、撮影できず,,,

次の目玉”異機種編隊飛行”も

千歳の”主役”政府専用機が、

岸田総理の訪米と重なり、前日に羽田入りした為

「中止!!!」となりました。トホホ,,,

北海道の青空に映える”赤白の777”みたかったなあ

F-15Jの機動飛行

次は千歳の本当の顔

F-15Jの機動飛行です!

こちらは、メイン会場からは離れているものの

ここ、大型機展示場側は、午前中順光!

なので、F-15が綺麗に見えました!

ただ、R7を使って気になったのが

カメラボデイが小さ過ぎる事

日本人の標準(小さめ?)の手をもってしても

グリップ下部から右手薬指と小指がはみ出てしまう事

その為F-15の急機動を追っている内に

カメラ保持が安定せずに、見失ってしまう事も

これは、ニコンD500等バッテリーグリップ付きに軍配

D500単体でも、小指まで安定していたので、

重量も相まって、安定して追う事ができたのとは

対称的でした。

でも、位相差AFは、一旦食いつくと、ピントは

追い続けてくれたので、こちらは△

あとは、SDカードのみのR7では

どうしても、バッファが詰まってしまい

いいところでブラックアウトしてしまうのが難点,,,

無理は承知ですが、ブラックアウトフリーにして欲しかった

やはりミラーレスは、機動の激しい軍用機には不向きなのか?

〇と✕の中間報告(まとめ)

ここでR7(ミラーレス)の〇

位相差AFが結構効いている

小型軽量なので、体力的負担が減

✕だったところ

小型軽量なのは良いが、小さすぎて保持が不安定

バッファの詰まり等で肝心なところでフリーズ

突然来るブラックアウト

追いきれない時はAFが迷ってしまう

思いのほかバッテリーの消耗が早い

と、残念ながら今のところ”✕”が多くなってしまいました。

勿論、ミラーレスに慣れていないのを考慮しなければ

なりませんが、(私の腕か?)

さて、次は、想定していなかった被写体が!?

次回もお楽しみに!

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました