JALワンワールドA350登場!ライバルのANAスターアライアンスは?

飛行機の話

つい先日、JALの所属するワンワールド塗装のA350が羽田に到着しました。

いよいよ2月21日から国内路線に就航します。

スポンサーリンク

JALとANAの新鋭機で出揃った特別塗装

JALは以前からワンワールド塗装機は就航していました。

但し、737、767、777と比較的ベテランの航空機ばかりでした。

そこへJALとしては新鋭機であるA350に特別塗装機が出来たのは

新しい時代を感じさせるのでは?

対するANAにしても、従来型である737、767、777がほとんど

それも、コロナ禍の需要減により、777のスタアラはほぼ引退してしまいました。

ANAとしての一番新しい機体というと、777-9の1機のみという状況

こちらは、もう4年近く前に就航しています。

ともあれ、これで、JAL-A350とANA-787という新世代機が揃った事になります。

それぞれ活躍の場は異なりますが

今回JALのA350は、今のところ国内線専用機材となっています。

又、今回の座席配置は、沖縄(那覇)線中心の運用になる模様

片や、ANAの787-9は近距離国際線の運用主体ですので

残念ながら、2社が遭遇するチャンスはそう多くありませんし

ANAについては、ほとんど海外にいる事も多いのが現実

羽田でも、なかなか目にする機会がありません。

両方を確実に見るには

JALのA350は北風運用の場合、着陸がA滑走路となり、離陸はD滑走路からが主体となります。

ANAについても、第三ターミナルからの出発後は、ほとんどD滑走路からの離陸、まれにAからの離陸

となります。

つまり、ANAと言えども、第二ターミナル近辺Nで見かける機会はほとんどありません。

欲張って、JALとANAの特別塗装機を確実に見るには、第一と第三の間からとなります。

おわりに

残念ながら、両社の共演を目する機会はあまり多くはありませんが

スタアラ特別塗装を見るのなら、現在A340で就航しているルフトハンザ航空

週の半分は昼過ぎに到着しますが、スタアラ塗装機が複数ありますので

より遭遇する機会は多いかも知れません。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました