羽田で今ルフトハンザのジャンボを撮るおススメポイントは?

飛行機の話

今月からルフトハンザ航空のフランクフルトー羽田便に747-8、ジャンボが復活しました!

現在のところ、羽田で定期便としてジャンボが見られるのは、以外にも、このルフトハンザのみです。

でも、今は梅雨の真っ只中、なかなか足が羽田に向きません(-_-;)

スポンサーリンク

今は第一ターミナルがオススメ!

今日は、雨、ですが、のち曇りの予報今日は、雨、ですが、のち曇りの予報

うまくすると、お昼時には雨が止んでいるかも。

こんな微妙な天気の時にガラス越しでなく、又、濡れずに済む場所は、、、

第一ターミナル展望デッキのカフェテリア脇ですね。

第一ターミナル4階部分は、結婚式場Sky Weddingの両脇は、その上Birds Eyeが屋根となっていて、濡れずに済むのはご存知の通りです。

おまけに、復活したルフトの747は、3/4の確率でA滑走路RW34Lを使って降りてきています。

残り1/4は、今まで多かったC滑走路RW34Rでした。

そうなると、確率論を待たずとも、A滑走路の着陸点に一番近い第一ターミナルカフェテリア脇!

到着したのは、正午頃でしたが、やはり、ご同業の方がしっかりと等間隔に張り付いていました、、、

そ~っと柱の陰に場所とり(巨人の星明子姉さんかっ!)その時を待ちます。

定刻から遅れること15分、やはり、海ほたるをバックに降りてきました!(正確には、海底トンネル(-_-;)

今オススメする理由

勿論、第一ターミナル下層階のデッキは濡れずに済むのも大きな理由ですが、

ルフトハンザはじめ、北から南下してくる便はA滑走路ではなく、C滑走路がほとんどでした。

南からの便A滑走路、北からの便はCと、それぞれが交差しない様、それぞれ列をなして進入、着陸していた為です。

それが、コロナ禍で、全体の便が減って干渉する事なくA滑走路へ進入できる様になったと考えられます。

又、Aで着陸した後は、すぐに第三ターミナルに入る事ができますから、到着後の時間と燃料の節約にもなりますしね。

勿論、C滑走路RW34Rの着陸を第ニターミナル展望デッキから見る事もできますが、全体的に遠く、タッチダウンポイントも

かなり東寄りなので、その瞬間をクリアに狙うのは、ちょっとキツイかも知れません。

又、仮に、Aもしくは、横風でD滑走路を使用した場合には、カスリもしませんからね。

そんな訳で、いろいろな理由がうまく重なっている今こそ、第一ターミナル一択ですね。

おわりに

第一ターミナルもいい所ばかりではありません。

屋根のある部分はかなり狭いので、運が悪いと、いい場所が埋まってしまっている事も、

できれば、ゆずり合いながら、撮影を楽しみたいものです。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました