JALの新しいワンワールド塗装機が2月17日羽田に到着!

飛行機の話

2022年2月11日、JALのある機体が日本を離れて行きました。

スポンサーリンク

ワンワールド塗装の767が離日

JALの所属する航空連盟ワンワールドの塗装をまとったボーイング767-300

JA8980が今日、日本を旅立っていきました。

ANAでもスターアライアンス塗装機が続々引退していく中で

JALの中・大型機材で残っているのは、ボーイング777-300 JA732Jだけの状態に

他にもHACのATR-42もワンワールド塗装機(JA13HC)がありますが、こちらは北海道

中心に運航しており、

JA732Jは国際線用機材なので、国内で目にする機会も減っています。

新しいJALワンワールドの機体

でも、JALの一番新しい機材、

エアバスA350の通算15号機JA15XJがワンワールドの塗装となって

間もなく日本にやって来ます。

2月11日現在、メーカーであるフランスのツールーズ

エアバスのデリバリーセンターに駐機しています。

既にエアバス社からJALが受領済みで

2月16日13:55発(現地時間)翌17日10:05羽田着の予定です。

A350は今のところ、JALでは国内線のみの投入ですので羽田起点で

活躍する事になりそうです。

おわりに

JALワンワールド塗装機で767が引退してしまったのは残念ですが

新しいワンワールド塗装のA350が日本全国を飛び回ってくれるのを

一日でも早く目にしたいものです。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました