ありそうでなかったJALワンワールド塗装の787が羽田に!

飛行機の話

JALのワンワールド塗装の機体が羽田にやって来ました!

と、言っても、2月に国内線主力となりつつある

エアバスA350のワンワールド塗装が就航したばかり

今回登場したのは

スポンサーリンク

ありそうでなかった787のワンワールド

ボーイング787(787-9)のワンワールド塗装機なんです。

JALの787と言えば、787-8が就航したのは9年も前(2012年)

昨年にはJALだけで50機を運航しているベテランの機体

今や主力機とも言える存在なので、当然ワンワールド塗装の

機体があっても良さそうですが、実は初めてだったんですね。

今回のワンワールドは一味違う?

実は、今回の787-9(JA861J)は国際線仕様で通常塗装で活躍

していた機体を中国で整備する際にワンワールド塗装に塗り替えた

機体なんですね。

2月のA350は納入時の新品の時からワンワールド塗装となっていたのとは

若干異なりますね。

JA861Jは中国から成田に回航され、しばらくは成田起点で

活躍していましたが、先日、いよいよ羽田起点で運航を始めました。

他のワンワールドとの共演も?

現在は羽田ーロンドン間の運航等に使用されていて

頻繁に見られる訳ではありませんが、

現在羽田起点で国際線就航している777-300や

国内線のみに使用されているA350のワンワールド塗装機との

共演がみられるかも知れません。

実際にどこで見られる?

長距離国際線ですので、第三(旧国際)ターミナル発着ですが

悩ましいのは第三展望デッキから見渡せない142~149辺りのスポットに

入ってしまう事が多いのです。

おまけに、季節は春となり、北風運用から南風、横風運用に

変わってきていて、流動的に…

私は安全策?として、羽田イノベーションシテイに行ってみました。

ここなら、横風で22で着陸すると目の前で着陸から142辺りのスポットに

入るまで見る事ができます。

4月9日の実況

当日は、午前中は北風運用、34Lもしくは34Rで着陸しても

スポット手前のタキシングは撮る事ができます。

しかし、到着前11時の時点では、南風運用で着陸は

横風用22もしくは23の運用に代わっていました。

果たしてロンドンからのJL42便(JA861J)は?

RW23に着陸、国際線展望デッキ前をタキシング後

スポット142近辺にやって来ました。

残念ながら、777-300ERのワンワールドは数分前に離陸して

共演は実現しませんでしたが、JA861Jは撮る事ができました。

おわりに

デイズニーJETや鬼滅の刃ジェットの様な派手さはありませんが

通常とは一味違う”ワンワールド特別塗装機”

又、成田起点運用に戻る前におススメです。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました