来月には見られなくなる?エアバスの心くすぐる並びが実現!

飛行機の話

今年の梅雨入り前なのにすっきりしないお天気

空港へ飛行機を撮りに行くのもためらってしまいがち

でも、この間にも航空会社の機材にも変更の波が

押し寄せています。

スポンサーリンク

ルフトハンザにも機材変更が

6月から、ルフトハンザのフランクフルト線にジャンボ(747-8)

が帰ってきます!

これ自体は多くの飛行機好きには嬉しいニュースなのですが

裏を返すと、現在運航している機材エアバスA340はどうなる?

って事ですね。

ミュンヘン線が復活するにしても、こちらはエアバスA350に

なるのが定石

もうエアバスA340は日本ではみられなくなってしまうのか?

ルフトハンザの到着・出発時間も変更に

残り少なくなった(?)エアバスA340を見る為、小雨の中

羽田に行ってみました。

現在ほとんどの航空会社はロシア上空を通過できない為

ルフトハンザも昼近くの到着、午後出発のダイヤから

朝(9:00前後)到着、昼前(10:50)出発に変更となっていて

到着を見るのは朝弱い方には難しいこの頃

今回は、出発を見届ける事に

スポットにより出発経路が異なる?

今回は出発からのタキシングを見るべく第一ターミナルへ

第三(旧国際)からだと、至近距離なのですが

どうしても後ろから見る形になってしまう為です

今回駐機スポットは”114番”

第三ターミナル展望デッキから見ると西端になります。

いつもより手前でA滑走路を横断すると

今月は午前中は北風運用が多い為、機体は東へ向かいます

(写真で言うと左方向←)

このまま東端まで行って、そのまま北へ直進しC滑走路へ向かうのですが…

今回は手前でA滑走路を横断し、こちら(第一)方向へ

そして!

その後しばらく直進後左(北)方向C滑走路へ向かいました。

おわりに

ルフトハンザではコロナ禍後エアバスA340を羽田に投入してきましたが

景気回復に伴いボーイング747-8とエアバスA350を柱に運航する予定です。

羽田で見られるA340も今月限り(?)となりそうです。

多分、大型エアバス新旧並びを羽田で見られるのもこれが最後かも?

今回も最後までご覧いただき有難うごさいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました