羽田に来ているガルーダインドネシア航空の絶滅危惧種は?

飛行機の話

コロナ禍、そしてロシア・ウクライナ問題で

海外のエアラインの羽田乗り入れが今も減っています。

そんな中、毎日ではないものの

羽田に乗り入れているガルーダインドネシア航空

こちらにも変化の兆しが、、、

スポンサーリンク

ボーイング777が引退か?

現在、ガルーダインドネシア航空が羽田に乗り入れている機種は

エアバスA330-300

エアバスa330-900

そして

ボーイング777-300ER

の3機種が来ています。

その中で最も大型の機材がボーイング777

ガルーダインドネシアの経営状況は?

全世界的に需要が減っている航空業界

ガルーダも例外ではありません。

現在保有する約140機、ほとんどがリースですが

将来的には70機、いや、60機にまで減少する計画の様です。

その中には、最新鋭機材である

ボーイング737MAX8や

エアバスA330-900でさえリースバックもしくは

キャンセルせざるを得ない状況になっています。

そうなると、大型で導入時期も古い777にも引退の話が

羽田線の今後の主力機は?

計画では、777引退後は

エアバスA330-300と-900(neo)の2機種で運航する模様です。

ボーイング777の旅客数が393席、ほぼ400席級に比べ

エアバスA330シリーズは300席級

ちょっとスケールダウンの感は否めません。

ガルーダは特別塗装が豊富

ガルーダはブルーを基調とした標準塗装の他に

所属するスカイチーム塗装をはじめ

コロナ禍で話題となった”ガルーダマスク”

1970から80年代までの旧塗装モチーフ塗装

等、バリエーションが豊富で

777はもとより、A330にも特別塗装の機体があります。

そして、何より、旧塗装を基調とした政府との併用(通常便にも使用)機体も

存在します。

こちらの今後の動向も気になるところではあります。

羽田ではいつ、どこで見られる?

現在ガルーダは毎日乗り入れてはいませんが

到着が朝8:50(GA874)

出発が翌日の11:45(GA875)

のべ2日に渡って羽田に滞在しています。

出発./到着が見られなくても、休んでいる機体は目にする事ができるかも

尚、現在の季節は到着はA滑走路34L、出発はD滑走路05が多いので

第一、もしくは第三(旧国際)から見られると思います。

勿論、当日の天候、風向き、点検時等に変更となる事がありますので

ご承知おきください。

おわりに

先日、ANAで長らく運航停止されていた777のPWエンジンの機体が

運航解禁になったとは言え

ANAもJALも777の引退進行していますし

現在、羽田に乗り入れている海外の777はガルーダとターキッシュ

そしてエミレーツ、時々エールフランスという寂しい状況です。

777を見るなら今の内、の状況は変わらない様です。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました