実は2チームあったブルーインパルス五輪フライト

飛行機の話

東京オリンピック開会式の当日、東京都内を駆け巡ったブルーインパルス

残念ながら五輪マークは雲に隠れてしまいましたが、5色のスモークを曳いた

鮮やかな姿は、感動を与えてくれましたね。

スポンサーリンク

通常は6機のブルーインパルス

今回は編隊での演技となりましたが、

赤・青・黄・緑・黒の5色のスモークとそれを率いる隊長機(スモークなし)の6機編成

良く見ると、隊長機のカラーリングがブルーインパルスカラーではないノーマル塗装機になっています。

1チーム当たり5機のブルーインパルス塗装機という事になります。

であ、何故、隊長機のみノーマル塗装機だったのでしょう。

ブルーインパルス塗装機は全部で10機

ブルーインパルスの機体は、通常のT-4練習機を特別に改修した機体(アクロ仕様機)が使用されています。

その改修点とは

ブルーインパルス塗装

スモークを出すオイルの噴出口(右エンジン側)追加

一説には、高機動用に舵も改修されていると聞いています。

このアクロ仕様機が、全部で10機、配備されています。

そして、ノーマル仕様機が1機だったものが最近追加され2機の計12機となっています。

通常の飛行展示に使用されるのが、6機ですので、単純に2編成(チーム)できる機数になっています。

何故12機必要なのか

通常の基地祭等の飛行展示では6機なので、12機は必要ないと思ってしまいますが、

今回、実は、A・Bの2チームが同時に飛行を行っていたのです。

1チームが、所定の展示飛行を行っていた時、もう1チームが上空で待機し、

万が一の故障アクシデントに備えていたんですね

必然的に5色のスモークを出せる機体は5機x2の計10機しかない為、スモークを出さない

隊長機(1番機)にノーマル仕様機をあてていたという訳です。

通常とは異なる編隊は貴重

ブルーインパルスは通常の展示飛行では、環境保護等の配慮から、カラースモークを

使用しておらず、今回のカラースモークそのものが貴重というのは良く言われていますが、

隊長機(1番機)がノーマルという編隊もそれ以上に貴重なものとなりそうです。

来月のパラリンピック開会式にも期待

オリンピック開会式は終わってしまいましたが、予定では8月のパラリンピック開会式にも

ブルーインパルスが飛行する予定になっています。

果たして五輪かそれに代わるものを描くのかという興味の他に、今回ご紹介した

貴重な姿が再び見られるかにも注目です。

おわりに

昨年は、原型機であるT-4のエンジンに問題があり、第一線機にエンジンを廻すという事で

アクロ仕様機が不足した事もあり、又、定期修理IRANに入る機体もあるかも知れませんし

何より、コロナ禍の影響で予断を許さない状況ですが、期待せずにはいられませんね。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました