羽田に運航開始したアリタリア航空に新塗装機が登場!

飛行機の話

今年の7月に運航を開始したイタリアのアリタリア航空

スポンサーリンク

登場当初は旧塗装

運航開始初日に現れたのは、今は残り少なくなったチートラインの入ったお馴染みのカラー

チートラインとは、旅客機の塗装で、流線形を際立たせる矢印状のラインの事で、昔の旅客機が

速さをイメージさせる為流行した塗装方法でした。

確かに、機体を横切るラインが尾翼のアリタリアの”A”まで一体化している流麗なデザインですね。

羽田にも新塗装機が登場!

そんな伝統を守ってきたアリタリアカラーにもCIの波が、

新塗装と言っても採用されたのは、2015年6月、チートラインがなくなり、今流行のデザインにマイナーチェンジされました。

但し、イタリア国旗カラーの”A”は、引き継がれています。

全体的に、シンプルな感じにまとめられていますね。

おわりに

アリタリア航空は週5便、羽田到着/出発が12:35/14:30で日中に見る事はできますが、

スポットが通常第三ターミナルの西の為、展望デッキから近くで見る事がなかなかできません。

着陸からスポットインまでは、羽田イノベーションシテイからがおススメです。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました