コロナ禍でなかなか外出できないけど、京都の炙り餅が食べたい!

お菓子

コロナが再び流行してきて

なかなか外出するのもはばかられてしまいます。

県外の移動はもちろんですが

まして京都ともなると、、、

スポンサーリンク

京都のお菓子が食べたくなりますね

行けないとなると、ますます募るのが

食べ物系ですね。

京都といえば、数々の和菓子が思い出されますが

私的には”炙り餅”

今宮神社の”かざりや”や”一和”が有名ですが

本来、”炙った”ものをすぐにいただくのが一番

でも、それは今では叶わない夢

首都圏では食べられない?

以前、お土産用ですが、

七條甘春堂の”京 炙り餅 やすらい”

通販も可能らしいのですが、

10本入りで800円!

送料もばかになりませんよね。

でも、見つけてしまいましたよ

近くのショッピングセンター内の、、、

ふと近所の武蔵小杉の”グランツリー”SC内の

西武武蔵小杉ショップ

店頭にその月の指定日に入る”うまいもの”を掲示しているのですが

その中に”甘春堂 炙り餅”を発見!

その日は休日なので、早目、と言っても11時頃行ってみましたが

まだ5-6個、在庫がありました。

すかさず購入!

器に入れてみた

お土産用なので、真空パック状に

櫛にさしたお餅(10本)と

白みそ(一袋)が入っていますが、

餅を空けてその上に白みそをかけてもいいのですが、

それぞれ器に入れて楽しむ事に

もちろん出来立てではないが

真空パックなので、炙りたてではありませんが

お餅には焼き色がついていて

小ぶりながらモチモチしています。

たっぷり甘い白みそにくぐらせると

気分だけでも”京都”

おわりに

いそいそと”炙り餅”をゲットして、シテイベーカリーあたりを

うろうろして、”西武”に寄ると、”炙り餅”はたくさん補充されていました。

他の”西武”でも、マメにチェックすると”炙り餅”に巡り合うかも

しれません。

有名百貨店の”諸国漫遊コーナー”にもあるかも知れませんが

今回も最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました